注文住宅の建築費用

住宅メーカーによって異なる

注文住宅を建てるためには、一般的に数千万円単位の費用が必要であると思われがちですが、実際には建築費は依頼する住宅メーカーによって大きく異なります。全国展開をしているような大手の住宅メーカーに依頼すると、30坪ほどの延床の住宅を建てるだけでも2,000万円から3,000万円近くかかるケースは少なくありませんが、一方で地域密着で活動している地元の工務店などに依頼すると、1,000万円前後で建てられることも少なくありません。また、大手住宅メーカーの中でもいわゆるローコスト住宅の建築に特化しているようなところだと、工務店と同じか、それよりも安い金額で家を建ててもらえますので、一概に大手だから高いというわけでは必ずしもありません。

坪単価という概念を知っておこう

注文住宅を建てる際には、坪単価という概念を理解しておく必要があります。この坪単価というのは、建物の建築費をその延べ床面積で割って算出される金額です。高級住宅を売りにしているような住宅メーカーの場合には、一坪当たりの単価が100万円以上することも珍しくありません。例えば、30坪の家であれば3,000万円、50坪の家であれば5,000万円かかるといった具合です。 一方、ローコスト住宅専門のメーカーであれば、坪単価が30万円程度というところもありますので、そこに依頼すれば半額以下の金額で同じ規模の家が建てられることになります。もちろん、金額の多寡によって使用される住宅設備のグレードや建物の機能は違ってくるので、どちらが良いと一概には言えませんが、住宅メーカーを選ぶ際には平均的な坪単価に注目するというのも一案です。

新築一戸建てを購入する際は、最寄り駅までの徒歩時間や周辺環境を調べたうえで、家族の人数を考慮した間取りを検討する必要があります。